日中忙しい人用のトレード手法の一提案

2016-01-07

以前短期足でトレードしていましたが,短期トレードだとチャートを見る時間が長くなりがちでせっかく稼いだのに一トレードで持っていかれたりすると時間の喪失感が半端ないです.

他にやることがなければ何とも思わないでしょうが,私には他にいくつかやりたいことがあるためFXばかりやっていくわけにはいきません

そこで,最低一日一回チャートを見れば済むような,日足をベースにした手法にたどり着きました.

手法はFX手法「一目均衡表とMACDでトレンドの波に乗る!」 | FXブログ|プロニートORZが億稼ぐ!を参考にしています.

個人的に思うことですが,始めたばかりの人や負けているレーダーは自分で新たな手法を見つけようだなんて思っちゃいけません.勝てる手法を見つけるまでに非常に時間がかかるからです.まずは勝っている人の手法をまねるのが一番でしょう,真似こそ物の上手なれです.オリジナルなんていうのは真似で上手く行くようになった後に考えるべきでしょう.

ではトレード手法の提案.

日足を使います.

使うインジケーターは一目均衡表とMACDです.

基本は参考手法どおりです.

  • トレンドの有無を三役好転・逆転しているかで判断します.

三役好転・逆転の判断が煩わしい人はIchimoku+guideをお勧めします.

三役好転・逆転はトレンドがないときも発生しますが,MACDのシグナルが出るときはトレンドが出ているとみて良いと思います.

  • 三役好転のとき,MACDが0以上でゴールデンクロスしたら買い,エグジットはデッドクロスしたところ
  • 三役逆転のとき,MACDが0以下でデッドクロスしたら売り,エグジットはゴールデンクロスしたところ
  • 逆指し値を雲の抵抗線に注文.

これで機械的に勝てると思います.

ただ,注意していただきたいのはこの手法も万能ではないということです.

当然負けトレードもありますし長期トレードの分,相場の急変時にも遭遇しやすいです.

なので低レバレッジで,無理のない範囲でのトレードが求められています.

一方で,トレンドが継続すればその分大幅に稼ぐことができる手法だと思います.

私の経験談になりますが,今まで勝っていた時は非常に強いトレンドが出ているときにトレードしていた時です.なのでこの手法はトレード回数こそ一通貨でみると年に数回しかありませんが気に入っています.

また,一目均衡表だけだとエントリーチャンスを逃すとしばらくトレードできませんが,強い戻しがあったりするとMACDで再度サインが出るので,待つことができ,追撃注文して底値で売ってしまった(+o+)なんてことを回避できます.

新しくトレード手法を見つけたらすぐに注文したくなるものですが,下手にポジションを持とうとすると負けるリスクが高まるので控えた方がいいです.勝つためにはいかに負けトレードを減らすかが重要だと思いますので.

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)